2007年11月17日

簡単スクラッチ:Lip Scratch by山本ニュー


とても簡単なスクラッチです。

1.上下の歯をあわせ、「い」の形の口で、囁き声で「ち〜」と言ってください。
2.歯の隙間を空気が通り、息が漏れるかすれた音が出るはずです。
3.「ち〜」を言い続けたまま、口の形を「い」と「う」の形に変化させてください。
4.「ち〜う〜い〜う〜うぃ〜」をスムーズに速く発音すると、なんとなくソレっぽい音が!

以前書いた「簡単スクラッチ:注意・不注意」に似ていますが、「注意」が舌を用いて音を形作るのに対し、今回は唇で調節します。
歯茎と頬の間にためた空気を少し漏れるようにすると、より味わい深い音になります。

が、このワザには致命的な欠陥があります。それは、「ルーチンに組み入れることが困難であること」。
歯を閉じたまま唇を精一杯使うワザですので、ドラム音を同時に形成することは困難を極めます。
ルーチンを変化させる際のブレイクがわりに使うか、もしくはビート担当のもう一名とのコラボの際にでもどうぞ…。
posted by 音鼓塾1号生筆頭 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | TIPS & TUTORIAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。