2007年11月30日

クリックロール(Outword) by Error


outwordのクリックロールです。
クリックロールといえば基本的にinwordですが
outwordでも同じような音が出せます。

〜やり方〜
・inwordと同様、使うのは舌と上顎。
・舌を器状(舌に水を溜める感覚)にし、上顎に当てる。
 (これでスタンバイOK。舌と上顎で出来た空間には空気が溜められている。)
・舌を上顎に押し当て、舌の左右どちらかから空気を抜く。
 (自分の場合は左から空気を出します)

この、舌の側面から空気を抜くときに舌が上顎に当たり
クリックロールの「クリリリリリリリリ」という音が出ます。

outwordのクリックロールが出来るとしてもbeatに組み込むことが出来ない
っていう人が結構いると思います。
自分もそのうちの1人でしたが、、、
そんな自分が悟ったのはクリックロールのみでは無理ということ。
そこで、クリックロール後に舌打ちをする方法を思いつきました。
ここで言う舌打ちというのは「チッ」という舌打ちではなく
なんというか、舌を弾いて木琴のようなおとが出せますよね。
クリックロールの直後に舌打ちをすることでbeatに組み込むことが出来ます。

例)
B CCC T P CC T B CC T B C T P CC TT

(B=キック、C=クリック、T=舌打ち、P=スネア)

posted by 音鼓塾1号生筆頭 at 22:04| Comment(3) | TrackBack(0) | TIPS & TUTORIAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらで紹介された
B CCC T P CC T B CC T B C T P CC TT
のビートのキックの部分は吸うキックですか?
Posted by bbb at 2009年05月30日 19:28
WORDじゃなくて
WARD

インワードじゃなく
インウォードね

みーんな ワードと取り入れちゃってるから間違えてますよ
Posted by PONIKI at 2010年04月14日 13:00
やり方がいまいちわからない
Posted by たく at 2010年05月27日 18:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。